Home » 施設 » 介護施設での仕事で『腰痛』に悩まないようにする方法とは?

こんにちは!最近、ユノモの介護施設のスタッフ様で「腰痛に悩んでいる」というお声を多数いただきましたので、腰痛予防についてお伝えしたいと思います。

 

そもそも腰痛の原因とはなんでしょうか?

 

実は腰痛には…

  1. 筋肉痛
  2. ねんざ
  3. 骨(腰椎など)
  4. 内臓

などの原因があり、それぞれによって対策方法が違います。

 

例えば筋肉痛やねんざの場合、

無理に腰に負担をかけたときに起こるものになり、病院で検査したとしても原因が分からないケースが多いです。

こういった際には痛みが引くまで安静にすることが良いでしょう。

 

しかし、多くの場合は『骨(腰椎)』からくる痛みが多く、ヘルニアや狭窄症などの疾患がこれになります。

 

その予防方法ですが…

1、ストレッチ

特に股関節が硬い方は腰痛になりやすいようです。お風呂上りに深呼吸しながら股関節の体操をするとより効果的です。ストレッチ方法は色々Webに上がっているので是非、調べてみてください。

 

2、正しい姿勢を意識する

記録物の記入をしている時に腰を丸めていませんか?姿勢を意識するだけで変わるかもしれませんよ。

 

3、ボディメカニクスを使う

私の体験ですが、介護施設で仕事をしていた時にボディメカニクスを勉強しました。

するとあまり力を使わずに介護業務を行うことができ、腰痛が改善されました。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)をお持ちの方はもう一度教科書を復習するといいですよ。

お持ちではない方はユノモでも取得することが出来ます。

ご興味がある方は資料請求してみてください!

初任者研修の資料請求はこちらから

 

いかがでしょうか?中々忙しくてご自身の身体に気を遣えないという方も多いと思いますが長い目で見て介護の仕事を継続するためにもひと手間かけてみてはいかがでしょうか?

介護職の転職ご相談はこちら!

この記事を書いた人

藤井 秦 株式会社ユノモ

コメントを残す