Home » 知識 » サービス提供責任者の仕事とは?

こんにちは、森です。

介護資格である初任者研修の上位資格、「実務者研修」を取得したら、

「サービス提供責任者にチャレンジしたい!」なんて方もいらっしゃると思います。

そこで本日はサービス提供責任者についてお伝えします。

 

【仕事内容】

・サービス品質管理

利用者の状態についての情報収集、必要なケアの検討(アセスメント)、訪問介護計画のヘルパーに対する指示書の作成、状態像の変化の把握(モニタリング)等です。

特に重要なのがアセスメントです。ケアマネジャーから提示されるケアプランの内容を踏まえてサ責がより具体的なサービス内容を決定します。

 

・ヘルパー労務管理

ヘルパーの稼働管理、シフト調整等。シフト調整においてはヘルパーの働き方に対する希望や能力、利用者との相性、利用者宅の立地などを踏まえ最適の訪問ルートを考える必要があります。

 

・ヘルパー育成指導

ヘルパーの抱えている悩みに対して耳を傾け、不安を取り除きヘルパーとの信頼関係を構築し、業務の円滑化を図ることも育成指導に含まれます。

 

・多職種協働

ケアマネジャーとのやりとりを中心に、サービス担当者会議などでの他事業所の専門職との協働・連携を通じ利用者の情報を共有し、よりよいサービスのあり方を検討していくことが求められます。

 

サ責に必要な能力として利用者の生活全体を見るアセスメント力やケアマネジャー、利用者、家族との調整力が必要となってきます。また介護技術ももちろん必要となってきます!

 

今日は仕事内容についてお伝えしました!

 

参考文献

「サ責」を知る・育てる

一般社団法人 「民間事業者の質を高める」全国介護事業者協議会

介護職の転職ご相談はこちら!

この記事を書いた人

森 香月 株式会社ユノモ

コメントを残す