Home » 知識 » お餅の安全な食べ方。

こんにちは。

本日のブログ担当は今西です。

 

 

「お正月」ってお腹いっぱいなのになぜかさらに食べちゃうんですよね。

 

その中でも「お餅」!家にどっさりあるんです。

 

 

 

毎年毎年、お餅を詰まらせる事故は絶えないですね。

 

平成27年までの5年間、お餅をのどに詰まらせて病院に運ばれた人は、100人を超えて、そのうち90%以上が65歳以上の高齢者で、亡くなった人は8人ですべて高齢者だそうです。

 

 

 

原因として、お餅は60度など熱々の時より、40度、30度と温度が低くなった方がくっつきやすいこと、良く噛んで食べない、気道に食べ物が入りそうになったとき、「ゴホン、ゴホン」とせき込みますが、そうした反射が弱くなっていることがあります。

 

 

 

詰まらせない為には、

 

・ゆっくり噛んで、唾液と良く混ぜる。

・食べやすい大きさに、小さく切る。

・のどを湿らせておく。

・1人で食べない。

 

この4点に注意して気をつけてお餅を食べてくださいね!

介護職の転職ご相談はこちら!

この記事を書いた人

今西 奈津美 株式会社ユノモ

コメントを残す