Home » 高齢者 » とあるジュースで認知機能が改善される!?

こんにちは!

最近一気に寒くなりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

寒暖差が激しいと咳が出たり、喘息持ちの方にはつらい季節ですがお大事にしてくださいね。

 

さて、私たちの知らないうちに介護・医療の現場はどんどん進歩しているのはご存知でしょうか?

例えばエイズ。

30年前は治療薬の開発はとても難しいと言われていましたが、感染しても発症を抑えることもできるようになったようです。

他にも結核やC型肝炎も治療できるようになり、現在のような健康的な社会が生まれました。

 

今も医療は進歩しており、介護士には身近な「認知症」も新薬が開発され今後治療できる可能性があるそうですね。

 

実は最近注目されているのは愛媛県にあるかんきつの「河内晩柑ジュース」が認知機能の維持改善に効果が期待されており、研究が進んでいるそうですよ!

 

これから医療が進歩して治療できる病気が増えて、安心できる社会になって行くといいですね!

介護職の転職ご相談はこちら!

この記事を書いた人

藤井 秦 株式会社ユノモ

コメントを残す